岩手 – いわて白金豚カレーを食べてみた

前回からずいぶん時間がたっていますが、食べてから記事を書くのを忘れておりました…。

前回の続きで、同じ岩手県のいわて白金豚カレーです。

同じ会社が作っているので期待大です。

宮澤賢治の出身地の岩手県花巻市で飼育されている白金豚
「はっきんとん」通称「プラチナポーク
てっきり白金だからシロガネーゼを思い出して勝手に高級感を感じてましたが
やはり高級なのでしょうか?

高源精麦株式会社の登録商標で、パッケージには
「飼育環境に気を配り、繁殖用の豚舎と離乳〜飼育を行う豚舎を離れた土地に建設することにより、徹底された衛生管理の中で健康的に育てされています。
また餌は、ミネラルウォーターや脂身を甘くする飼料の厳選などさまざまな工夫がされており、上質な肉を生み出す決め手となっています。」
と書いてあります。

かなりこだわっているみたいです。

パッケージおもて
037_2

パッケージうら
037_3

カレーを見てみると、大きな豚肉が1つと小さめのが2つくらい
にんじんは大きめが2つ、玉ねぎやその他の野菜も大きめです。
見るからに、かなり美味しそうです。

037_4

食べてみると、かなり濃厚です。
辛さはあまりないです。

豚肉がすごい柔らかく、スジも軽く噛み切れます。
肉の脂身は少ないです。

カレー自体の味は濃厚です。

037_5

前回に続き、かなりの高評価です。
また岩手県に遊びに行ったら、間違いなく購入するでしょう!

by カエレバ

購入場所
道の駅遠野風の丘
購入時価格
648円
辛さ
★★
また食べたいか?
★★★★★

情報

製品名
いわて白金豚カレー
辛さ
中辛
原材料
野菜(たまねぎ、人参、にんにく、生姜)、豚肉(岩手県産白金豚)、ポークエキス、小麦粉、食用こめ油、フルーツチャツネ、牛乳、トマトピューレ、カレー粉、トマトペースト、食塩、ココナッツミルク、ウスターソース、砂糖、バター、香辛料、コーンスターチ、カラメル色素、(原材料の一部に大豆、りんご、バナナを含む)
容量
200g
販売者
株式会社湯田牛乳公社
長峰高原ミルキーセンターミート工房
岩手県和賀郡西和賀町小繁沢55-138
Posted:2015年10月22日│Category: 東北,ご当地レトルトカレー│Tag: タグ: , ,

広告

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

No comments yet.

Leave a comment





フィードメーター